9月19日に発売されたファミコンソフトは次の3タイトル。

スポンサーリンク

スーパーゼビウス ガンプの謎

スーパーゼビウス ガンプの謎

  • 発売日:1986年9月19日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:ナムコ
  • 価格:4,900円

名作「ゼビウス」の続編で、新たに謎解きやパワーアップの要素が追加された。エリアの謎を解かないとループして先に進めない。よりリアルでストーリーに深みが増したが、高い難易度と謎解きに賛否が分かれた一本。

スーパーゼビウス ガンプの謎 スーパーゼビウス ガンプの謎 スーパーゼビウス ガンプの謎 スーパーゼビウス ガンプの謎

 

子猫物語

子猫物語

  • 発売日:1986年9月19日
  • メディア:ディスク
  • メーカー:ポニーキャニオン
  • 価格:2,900円

同名の映画をゲーム化。子猫の「チャトラン」が大自然を冒険する横スクロール型アクションゲーム。果実や卵を落として敵を倒し、親友のパグ犬やプー助と協力しながら進む。ステージごとに昼や夜、季節が変化していく。

子猫物語 子猫物語 子猫物語 子猫物語

 

マルサの女

マルサの女

  • 発売日:1989年9月19日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:カプコン
  • 価格:5,900円

同名の大ヒット映画をゲーム化。映画の伊丹十三監督が監修したアドベンチャーゲームで、原作のストーリーに沿って進む。主人公はマルサの女となり、脱税を摘発する。テーマが子供達には難しかったが、ゲーム自体の完成度は高い。

マルサの女 マルサの女 マルサの女 マルサの女

スポンサーリンク