7月21日に発売されたファミコンソフトは次の6タイトル。

スポンサーリンク

バレーボール

バレーボール

  • 発売日:1986年7月21日
  • メディア:ディスク
  • メーカー:任天堂
  • 価格:2,500円

名作揃いの任天堂スポーツゲームの中でも高い完成度を誇る。フェイントやクイック攻撃、クロスアタックなど実戦さながらの本格的なバレーボールが楽しめる。(ルールについては、現在と若干異なる。)プレイのコツを掴めは、白熱したラリーが楽しめる。販売数は198万本とゼルダの伝説よりも多い。

バレーボール バレーボール バレーボール バレーボール

 

めぞん一刻

めぞん一刻

  • 発売日:1988年7月21日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:ボーナステック
  • 価格:5,900円

同名の人気漫画のアドベンチャーゲームでパソコン版からの移植。原作通り、一刻館を舞台に様々なお邪魔キャラを突破し、管理人(響子)さんが持つ秘密の写真を見つけ出す。出入りするキャラとは親密度があり、物をあげるとアップする。

めぞん一刻 めぞん一刻 めぞん一刻 めぞん一刻

 

天下一武士 ケルナグール

天下一武士 ケルナグール

  • 発売日:1989年7月21日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:ナムコ
  • 価格:4,900円

中国拳法を題材にした格闘アクションゲーム。広大なマップを歩き、町や道場を訪れて修行や試合を行う。仙人のお遣いで技が増えたり、他社ゲームのパロディーネタも多数ある。最強の敵「タオタイラー」が異常に強い。2人対戦も熱い。

天下一武士 ケルナグール 天下一武士 ケルナグール 天下一武士 ケルナグール 天下一武士 ケルナグール

 

究極ハリキリスタジアム 平成元年版

究極ハリキリスタジアム 平成元年版

  • 発売日:1989年7月21日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:タイトー
  • 価格:6,800円

選手の育成が楽しめる野球ゲームの第3作目。前作からの変更点は、送球の速さでヒットが連発できるようになったこと。新しい選手も登場したり、当時の雑誌で選手データが配布されていた。お笑いチームも新登場。

究極ハリキリスタジアム 平成元年版 究極ハリキリスタジアム 平成元年版 究極ハリキリスタジアム 平成元年版 究極ハリキリスタジアム 平成元年版

 

全米プロバスケット

全米プロバスケット

  • 発売日:1989年7月21日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:ビック東海
  • 価格:5,800円

全米のプロバスケをゲームで再現。全8チーム12名の中から好きな選手を選んでプレイする。ゴールの瞬間は迫力あるアニメーションに切り替わる。試合中のメンバーチェンジも可能。2人対戦や協力プレイもできる。

全米プロバスケット 全米プロバスケット 全米プロバスケット 全米プロバスケット

 

ファリア 封印の剣

ファリア 封印の剣

  • 発売日:1989年7月21日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:ハイスコアメディアワーク
  • 価格:6,800円

女戦士がお姫様を救出するアクションRPG。フィールドを歩くと、ランダムエンカウントで戦闘に突入する。アクションモードになり、剣やアイテムで敵を倒す。姫の似顔絵が芋虫だったりと、異色の世界観を持つ。

ファリア 封印の剣 ファリア 封印の剣 ファリア 封印の剣 ファリア 封印の剣

スポンサーリンク