6月21日に発売されたファミコンソフトは次の4タイトル。

スポンサーリンク

ファミリーベーシック

ファミリーベーシック

  • 発売日:1984年6月21日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:任天堂
  • 価格:14,800円

専用キーボードから、BASIC言語を使った簡単なプログラムを打ち込むことでゲームが作れる。あらかじめ、メッセージボードや計算機、占い、音楽演奏なども用意されている。ROMカートリッジには電池2本を使用したバックアップ機能が搭載され2KBまで保存できる。任天堂とハドソン、シャープの3社で開発された。

ファミリーベーシックファミリーベーシック

 

スパルタンX

スパルタンX

  • 発売日:1985年6月21日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:任天堂
  • 価格:7,900円

原作はジャッキー・チェン主演のアクション映画で、アイレムのアーケード版を任天堂が移植した。ステージは全5階で構成され、各階の最後にはボスがいる。個性的な攻撃をするボスや合成音声が話題となりヒットした。当時連載されていた漫画の影響で24周目で恋人シルビアが襲ってくるというデマも有名だった。タイトルがクンフーに変更されている。

スパルタンXスパルタンXスパルタンXスパルタンX

 

ハイパーオリンピック

ハイパーオリンピック

  • 発売日:1985年6月21日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:コナミ
  • 価格:6,500円

100メートル走や走り幅跳び、110メートルハードル、槍投げの4種目が遊べるスポーツゲーム。ボタン連打でタイムを競い、専用のコントローラー「ハイパーショット」で遊ぶ。当時は定規などを使った連打方法が子供達の間で流行した。単品と同梱版のほか志村けんのバカ殿をモチーフにした限定版の殿様バージョンもあった。

ハイパーオリンピックハイパーオリンピックハイパーオリンピックハイパーオリンピック

ハイパーショット

 

飛龍の拳スペシャル ファイティングウォーズ

飛龍の拳スペシャル ファイティングウォーズ

  • 発売日:1991年6月21日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:カルチャーブレーン
  • 価格:6,300円

シリーズ第4弾。格闘シーンだけを集めた番外編。ボクサーやプロレスラー、空手家など12人のキャラから選択し、世界一を目指す異種格闘技戦。トレーニングでキャラを成長させ、パスで友達との対戦もできた。

飛龍の拳スペシャル ファイティングウォーズ飛龍の拳スペシャル ファイティングウォーズ

 

忍者龍剣伝Ⅲ 黄泉の方船

忍者龍剣伝Ⅲ 黄泉の方船

  • 発売日:1991年6月21日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:テクモ
  • 価格:6,200円

シリーズ第3弾にして3部さくの完結編。「Ⅰ」と「Ⅱ」の間の事件を描く。基本操作は同じで、縦スクロールの導入や剣のパワーアップ、ぶら下がる動きなどが追加された。難易度はやや下がっている。全7ステージ。

忍者龍剣伝Ⅲ 黄泉の方船忍者龍剣伝Ⅲ 黄泉の方船忍者龍剣伝Ⅲ 黄泉の方船忍者龍剣伝Ⅲ 黄泉の方船

スポンサーリンク