4月27日に発売されたファミコンソフトは次の4タイトル。

スポンサーリンク

愛戦士ニコル任天堂 ディスクシステム ディスクん

愛戦士ニコル愛戦士ニコル愛戦士ニコル愛戦士ニコル

  • 発売日:1987年4月27日
  • メディア:ディスク
  • メーカー:コナミ
  • 価格:2,980円

SF風のアクションゲーム。ショット攻撃やジャンプを駆使して、バラエティに富んだステージを探索していく。1画面ごとにスクロールしながら進み、各エリアでのアイテム探しや、多彩な敵との戦いが楽しい。全7ステージ。

 

探偵 神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件任天堂 ディスクシステム ディスクん

探偵 神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件探偵 神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件探偵 神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件探偵 神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件

  • 発売日:1987年4月27日
  • メディア:ディスク
  • メーカー:データイースト
  • 価格:3,300円

同社初のアドベンチャーゲームで、シリーズ第1作目。ギャグなどは一切ないハードボイルドな作風で描かれている。フィールド型とコマンド選択式で進行。時間の概念があり、15日以内に犯人を見つけなければいけない。1回のプレイで1日が終了する。操作に行き詰った時に使う「タバコを吸う」コマンドなど、大人の雰囲気が漂う。

 

ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 前編任天堂 ディスクシステム ディスクん

ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 前編ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 前編ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 前編ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 前編

  • 発売日:1988年4月27日
  • メディア:ディスク
  • メーカー:任天堂
  • 価格:2,600円

任天堂初の本格アドベンチャーゲーム。プレイヤーは探偵の助手になり、綾城家の名当主の不審死、それに関わる奇妙な村の伝説、さらに主人公自身が喪失した記憶の謎を徐々に明らかにしていく。ハラハラドキドキのテンポ良いストーリー展開と、演出やBGMが秀逸。1本の電話から続く後編へのつなぎも見もの。

 

ドラゴンバスターⅡ 闇の封印

ドラゴンバスターⅡ 闇の封印ドラゴンバスターⅡ 闇の封印ドラゴンバスターⅡ 闇の封印ドラゴンバスターⅡ 闇の封印

  • 発売日:1989年4月27日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:ナムコ
  • 価格:5,200円

シリーズ第2作目だが、物語は前作より前の時代が舞台となる。トップビューのマップとダンジョン型のアクションゲームとなり、弓矢で敵を倒していく。ダンジョン内は周囲が暗く、徐々に明るくなっていく。各ランドの最後はドラゴンとの対決が待っている。

 

ファイナルファンタジーⅢ

ファイナルファンタジーⅢファイナルファンタジーⅢファイナルファンタジーⅢファイナルファンタジーⅢ

  • 発売日:1990年4月27日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:スクウェア
  • 価格:8,400円

壮大なシナリオと斬新なシステムが人気に!

ファイナルファンタジーⅢ

クリスタルを軸にした壮大なシナリオが描かれる人気シリーズ第3弾。ジョブチェンジシステムの導入や、のちのシリーズに欠かせない召喚魔法も初登場した。22種類にも及ぶジョブの組み合わせが楽しく、グラフィックやシステム、シナリオ、BGM、ゲームバランスなど全てにおいて評価が高い。飛行艇から浮遊大陸の外へ飛び出した瞬間に広がる世界はプレイヤーを圧倒し、セーブポイントのない長大なラストダンジョンや最強のオニオン装備なども話題となった。のちのシリーズにおける基本的な部分を多く確立している。初のミリオンセラーを達成し、ドラゴンクエストシリーズと並ぶ二大RPGとしての地位を固めていった。

スポンサーリンク