11月15日に発売されたファミコンソフトは次の7タイトル。

スポンサーリンク

忍者じゃじゃ丸くん

忍者じゃじゃ丸くん

  • 発売日:1985年11月15日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:ジャレコ
  • 価格:4,900円

じゃじゃ丸くんが手裏剣で次々と妖怪を倒す横スクロール型アクションゲーム。各ステージには個性的なボスが登場し、倒し方がそれぞれ異なる。天井ブロックに隠された秘密のアイテムを取ると、パワーアップする。一定の条件を満たせば巨大カエルが出現し、妖怪を次々と食べていく豪快なシーンがある。全21ステージ。

忍者じゃじゃ丸くん 忍者じゃじゃ丸くん 忍者じゃじゃ丸くん 忍者じゃじゃ丸くん

 

サムライソード

サムライソード

  • 発売日:1988年11月15日
  • メディア:ディスク
  • メーカー:カプコン
  • 価格:3,300円

ファンタジー世界のコマンド選択式アドベンチャーゲーム。伝説の武器「サムライソード」を求め、闇の帝王ソロンを倒すのが目的。戦闘では、地震の状況や敵の行動に合わせて戦い方を選ぶ。光の妖精サリアが手伝ってくれる。

サムライソード サムライソード サムライソード サムライソード

 

大工の源さん

大工の源さん

  • 発売日:1991年11月15日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:アイレム
  • 価格:6,500円

木槌を持つ源さんが悪徳会社と戦うアクションゲーム。アイテムで木槌やジャンプ力がアップする。敵キャラがユニークで、たとえ女性でも悪徳会社の社員なら容赦しない。幼馴染のカンナちゃんには攻撃を当てないこと。全5ステージ。

大工の源さん 大工の源さん 大工の源さん 大工の源さん

 

少年アシベ ネパール大冒険の巻

少年アシベ ネパール大冒険の巻

  • 発売日:1991年11月15日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:タカラ
  • 価格:6,980円

森下裕美原作の漫画をゲーム化。シンプルなアドベンチャーゲームで、難易度も低め。5つのコマンドを使って各章の物語を進めていく。ほのぼのとした原作キャラを忠実に再現している。ゴマちゃんの行動が可愛い。3Dダンジョンもある。

少年アシベ ネパール大冒険の巻 少年アシベ ネパール大冒険の巻 少年アシベ ネパール大冒険の巻 少年アシベ ネパール大冒険の巻

 

スター・ウォーズ

スター・ウォーズ

  • 発売日:1991年11月15日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:ビクター音楽産業
  • 価格:6,700円

映画同様にルーカスフィルムが制作した横スクロール型アクションゲーム。前半は惑星タトゥーインでルークを操作し、進行するにつれオビワンやレイラ姫などの仲間が増えていく。原作の乗り物や3Dシューティングもある。

スター・ウォーズ スター・ウォーズ スター・ウォーズ スター・ウォーズ

 

地底戦空バゾルダー

地底戦空バゾルダー

  • 発売日:1991年11月15日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:ソフエル
  • 価格:6,300円

地底世界の謎を解くアクションシューティングゲーム。自機をタンクやドリル、飛行形態に変形させて進み、アクションパートでは少女を操作し、銃とキックで敵を倒す。ボス戦は擬似3Dシューティングで戦う。全4エリア5ステージ。

地底戦空バゾルダー 地底戦空バゾルダー 地底戦空バゾルダー 地底戦空バゾルダー

 

ラディア戦記 黎明篇

ラディア戦記 黎明篇

  • 発売日:1991年11月15日
  • メディア:ROMカートリッジ
  • メーカー:テクモ
  • 価格:6,900円

記憶を失った剣士の物語を描いたRPG。リアルタイムアクションで敵と戦い、仲間はAIで動く。死んだふりで逃げる「しにまね」コマンドがある。グラフィックやドラマチックなストーリーに定評あり。

ラディア戦記 黎明篇 ラディア戦記 黎明篇 ラディア戦記 黎明篇 ラディア戦記 黎明篇

スポンサーリンク